フロリダ海外研修 Alliance Dairy 2016/4/7

4/7午後、アライアンスデイリー牧場を視察しました。案内していただいたオフィスマネージャー、チャーリー・スミスさん。

アライアンスデイリー牧場DATA

1990年創立
搾乳頭数 5500頭
100%自家育成
従業員140名
40Wパラレルパーラー
DMI 24.7kg
平均乳量 37.5kg
体細胞数 9~12万
5000エーカーの畑で粗飼料を自給

5000エーカーの畑

IMG_20160407_150647

内2000エーカーの畑には、一切化学肥料は使わずに糞尿と水を撒いている。

①コーン
②コーンまたはソルガム
③グラス(ライグラス、オーツ、小麦、トリチケールなど)
の3毛作である。

サイレージ

全てのサイレージにはサイロガードを使用し、カビによる廃棄が全くなくなったとのこと。

IMG_20160407_140855

7万トンのコーンサイレージ

牛舎

IMG_20160407_150710

敷料は砂。牛舎はフラッシングされ、敷料の85%はリサイクルされる。

ここでも飼槽の上にソーカーが設置され、21℃を超えると作動するようになっていた。

IMG_20160407_143834

ソーカーのコントローラー

IMG_20160407_143912

飼槽の上に取り付けられたソーカー

メタンガス採取施設

現在は稼働していないが、糞尿からメタンガスを採取する施設があり、月間$65,000の電力を賄うことができるとのこと。

IMG_20160407_152935

この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

初産牛を平均18ヵ月齢で分娩させる【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

初産牛の分娩月齢を早めることは、私が酪農産業で競争に勝ち生き残るうえで必要不可欠な課題です。初産牛の分娩月齢を早められれば、その分利益を早く手に入れられるからです。平均分娩月齢が2ヶ月早くなれば、収入は2ヶ月早まり、経費でしかない育成経費は...

様子を見ることはしない ベトゼラ・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Bet-Zera Farm

UPDATE 2008.10.20

ミネソタ海外研修 Gar-Lin Dairy ミネソタの高泌乳量牧場 2017/4/11

UPDATE 2017.05.30

冬に温水を飲ませる牧場 オータル・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Ortal Farm

UPDATE 2008.10.20

カリフォルニア海外研修2012/4/16 Sozinho Dairy アルバース新型ループセクション視察

UPDATE 2012.04.28

その他の記事