ミネソタ海外研修 Emerald Spring Dairy クロス換気牛舎、砂の敷料をリサイクル 2017/4/12

4月12日午後、エメラルド・スプリングデイリーを訪問しました。

エメラルド・スプリングデイリーDATA

1000頭搾乳
従業員22名
両親と3人で経営
パーラー 16頭ダブル
1日3回搾乳
平均乳量 41kg
乳脂肪 4.0%
CP 3.1%

エメラルド・スプリングデイリーについて

17904418_776064892548183_300412986835610405_n

写真はオーナーのダリン・ヤングさん33才。

作物は自家生産で、1000頭搾乳、従業員22名で両親と3人で経営しています。

DSC_0172

パーラーは2015年に10頭ダブル→16頭ダブルに増築しました。1日3回搾乳で22時間も搾っています。

牧場の成功の秘訣は・・

1. 良い従業員

2. カウコンフォート

3. 自家産の飼料を持っていること

4. コンサルタントによる栄養分析、設計

仔牛の管理

18034169_776065212548151_6558844617454924005_n

仔牛の牛舎は特に換気に気をつけています。奥にあるのは哺乳ロボットで60%が廃乳のパスチャライズ、40%が代用乳で混ぜて与えています。1日最高12リットル給与し56日で離乳します。

17992103_776065252548147_6285074195552142707_n

写真の女性は子牛担当のレベッカさん。哺乳ロボットとコンピューターで、ミルクを飲むスピード、摂取量を元に子牛の健康状態を把握しています。

飲むスピードの基準は1リットル/分で、コンピューターを使ってチェックしています。80%以下のスピードになったら体温をチェックし39.4度以上あれば抗生物質を投与します。

クロス換気牛舎

17991867_776065342548138_8076105103298127829_n 18010476_776065402548132_1104115251519062689_n

昨年には新しくクロス換気牛舎を建築しました。656頭飼養しており暑い時期は20℃以上になると自動的にカーテンが全開になり換気扇がフル回転になります。

ここの牧場も単品ではありませんがイーストカルチュアーを含む添加剤を給与していました。

砂のリサイクル施設

18033835_776065425881463_7774471559278584084_n 17951449_776065455881460_1169300771775749053_n

最後に糞尿から砂を取り出すリサイクル施設を見学しました。2週間ほど置いたリサイクル砂はサラサラで臭いは感じられませんでした。90%の砂が再利用できます。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

搾乳しなくては牛の状態が分からない ヘプシバ・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Hephzibah Farm

UPDATE 2008.10.20

ナスアグリサービスのイスラエル酪農研究報告。 イスラエル国内13牧場の視察メモです。...

2010年2月カリフォルニア牧場視察 3・4日目

UPDATE 2010.02.20

サイロガードセミナーの様子【サイロガード ピーター・ヴィネリ氏 同行視察】長野県 南信酪農協同組合様

UPDATE 2012.03.19

ビアタビアの大型フィードセンター【イスラエル酪農研修 視察メモ】Beer-Tuvia

UPDATE 2008.10.20

900頭の高泌乳牛のレビム・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Revivim Farm

UPDATE 2008.10.20

その他の記事