ミネソタ・アイオワ海外研修 ダイヤモンドV社工場視察 2018/4/9

4月9日、アイオワ州シーダーラピッズにあるダイヤモンドV社の工場でイーストカルチュアーの製造工程を視察しました。また工場視察の前にダイヤモンドVの研究者たちから最新のイーストカルチュアー製品の研究成果について講義を受けました。

ダイヤモンドV社 DATA

★本社・工場 アイオワ州シーダーラピッズ
★創業75年
★会社の目標 「自然に基づいた製品をつくり、家畜の健康と、人間の健康をサポートすること」
★従業員 315名
★イーストカルチュアーの製法は75年変わらず
★近年はイーストカルチュアーが免疫に及ぼす効果を研究

ダイヤモンドV社講義

講義内容

ここ数年でイーストカルチュアーには以下の3つの働きがあることが分かってきました。

1、動物の免疫システムを強化する

2、消化器官の健全性を保つ

3、ルーメンと腸内の微生物のバランスを整える

イーストカルチュアーにより牛の免疫力が強化され、牛がより健康になり、より生産が効率的になるという働きがあります。

牛が健康になれば抗生物質の使用も減らすことができます。

ダイヤモンドV社の工場ではイーストカルチュアーをに日常的に扱う従業員に風邪をひく者が少なかったため、調査した結果イーストカルチュアーに免疫を整える効果があることが分かったというエピソードがあります。

イーストカルチュアーは人用も開発されていて、最近ではエピコアという商品名でサプリメントも販売されています。牛だけではなく人に対しても免疫力を高める効果が認められています。

ダイヤモンドV社リサーチセンター、工場視察

工場ではイーストカルチュアーの製造工程を視察しました。工場ではイーストを液体発酵させた発酵代謝物に穀物を混ぜて濃縮、乾燥、粉砕して袋詰めされ製造されていました。工場内はすべてがオートメーション化されていました。

※工場内は撮影禁止のため写真はありません。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

乾乳牛を「12時」のコンディションにもっていく【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

乾乳牛は十分にコンディションをつけていなければいけません。 乾乳牛の状態をボディコンディション・スコアで表わす考えがありますが、私は数字で牛を判断することはしません。その理由は、ボディコンディション・スコアは個々の牛の骨格や骨量を考慮して...

牛の成績を左右する酪農経営に重要な3つの『C』【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

サイロ詰めの改善点【サイロガード ピーター・ヴィネリ氏 同行視察】山梨県 清水牧場様

UPDATE 2012.03.19

搾乳牛160頭を家族経営 ゴラン・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Golan Farm

UPDATE 2008.10.20

ミネソタ海外研修 ペンソタ・ジャージー牧場 コンポストバーンの管理を視察 2017/4/13

UPDATE 2017.05.30

その他の記事