ウィスコンシン海外研修 ビュレッシュファーム 2019/6/18

6月18日午後、ウィスコンシン州グリーンベイ近郊のビュレッシュファームを視察しました。

ビュレッシュファームDATA

★1876年創業
★搾乳頭数 800頭
★12頭Wパーラー 1日3回搾乳 24時間稼働(洗浄40分x 3回)
★従業員11名
★平均乳量 38.5kg
★体細胞数 15万
★1700エーカーの畑(コーン、ヘイなど)
★サイロガードを12年使用

ビュレッシュファームについて

写真(右から2人目)はこの牧場のオーナーのロジャー・バーシュさん。息子さん2人と従業員8名で経営しています。

この牧場は乳量はあまり追わず、淘汰率を下げる経営を心がけています。

ベッドの敷料にパルプを使用

敷料は製紙工場から出るパルプを使用しています。

6年前におが粉から変更しましたが、そのおかげで体細胞が激減したそうです。

ベットメイクは週2回行います。

サイロガードを愛用

粉砕コーンのサイレージ

ここの牧場でもサイロガードを愛用していて、12年使っているがサイレージの出来には大変満足しているとのことでした。

サイロガードの前は何も添加していませんでしたが、お試しで使ってみたところ良かったため導入を決めたそうです。

ハーベスターの内部にサイロガードのタンクが内蔵されており噴霧する仕組みになっています。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

ヴェイルドン・ファーム【カナダ酪農経営 経営で成功するための5つのこと】

UPDATE 2008.01.30

カナダの7つの牧場を視察し、「経営で成功するためのポイントを5つ教えてください」と質問しました。ヴェイルドン・ファーム様の5つのポイント。...

酪農経営に重要な3つの柱【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

ミネソタ・アイオワ海外研修 ノースイーストアイオワデイリーファウンデーション 2018/4/11

UPDATE 2018.05.31

まわりにあるものが牛に乳をださせる ベンヨセフ・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】GULL BENN-JOSEF Farm

UPDATE 2008.10.20

乾乳牛を「12時」のコンディションにもっていく【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

その他の記事