ウィスコンシン海外研修 ストックマンシップ(牛の正しい取り扱い方) 2019/6/21

6月21日~22日にかけて、ミネソタ州ミネアポリスで、StepRight Stockmanship Solutions社のジム・ルイスさんからストックマンシップ(牛の正しい取り扱い方)の講義を受け、翌日牧場で牛を動かす実習を行いました。

ストックマンシップとは

ストックマンシップとは、牛の習性をうまくとらえて、牛を動かしたい場所に効率的に誘導するテクニックです。

ストックマンシップを習得すれば、牛を叩いたり、声を上げたりしなくても、効率よく牛を動かすことができるようになるといいます。(むしろ音をたてたり、手を広げると逆効果になってしまいます)

人と同様に、牛にはプレッシャーゾーンという近づくと警戒を始める範囲があります。さらに近づくと牛が逃走を始めるフライトゾーンという範囲があります。

まずプレッシャーゾーンに入ると、牛が人間の存在に気づきます。そこから近づいていくと心拍が上がりはじめ、アドレナリンが分泌されるフライトゾーンに入っていきます。

牛を動かす上でポイントとなるのは、プレッシャー&リリース。

プレッシャーで牛のフライトゾーンに入って圧をかけ牛を動かし、リリースで圧を速やかに解除します。これを繰り返し、牛を行かせたい場所にコントロールしていきます。

牧場での実践

講義の翌日、実際の牧場で牛を動かす体験をさせていただきました。

まずは牛を最終的に行かせたい地点に立ちスタートします。そこから牛にプレッシャー&リリースで近づいていきます。

姿勢は背中を丸くし、ポケットに手を入れて、なるべく牛を威圧しない姿勢がポイントです。

スタッフが順番に挑戦しましたが、全員見事に牛をコントロールすることができました。

通常慣れるまでは牛も人も3-5日くらいかかるそうなので、はじめは辛抱強くやる必要がありそうです。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

カリフォルニア海外研修2012/4/17 Rancho Sierra Vista Dairy

UPDATE 2012.04.28

4/17訪問 Rancho Sierra Vista Dairy...

ミネソタ海外研修 ペンソタ・ジャージー牧場 コンポストバーンの管理を視察 2017/4/13

UPDATE 2017.05.30

ローズブリン・ファーム【カナダ酪農経営 経営で成功するための5つのこと】

UPDATE 2008.01.30

死産をゼロに。イングリッシュボーンの牛を残す【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

ミネソタ海外研修 Sheeknoll Farm ワールドデイリーエクスポ2016 グランドチャンピオン牛を視察 2017/4/12

UPDATE 2017.05.30

その他の記事