ミネソタ海外研修 Gar-Lin Dairy ミネソタの高泌乳量牧場 2017/4/11

4月11日、ミネソタの高泌乳量牧場、ガーリンデイリー牧場を視察しました。

ガーリンデイリーDATA

1951年に牧場(26頭、200エーカーの畑)を購入してスタート
搾乳頭数 1950頭
4500エーカーの畑 従業員44名
ロータリーパーラー
平均乳量 45.5kg
1年前の最高乳量 47kg(乳量低下の原因はコーンサイレージの質の低下)
体細胞数 15万
受胎率 31% 淘汰率 31.4%

ガーリンデイリーについて

DSC_0013

写真はオーナーのゲーリー・アレンさん(71才)と娘のアナ・アレンさん。

1951年にゲーリーさんの父が牧場を購入、26頭・200エーカーの畑からスタートしました。 現在は搾乳頭数1950頭、畑は4500エーカーにまで拡大し、父母兄妹の家族経営をされています。

娘のアナさんが牛の管理、息子さんが施設と畑の管理をしています。優秀な従業員に恵まれ、皆10年~25年と長く勤めています。

IMG_20170411_092203

印象的だったロータリーパーラーでじっとおとなしく搾乳される牛たち。おとなしいのは訓練の結果だとオーナー談。

搾乳体制は以下の通り

1人目 前搾りしてプレディップ

2人目 タオルで乳頭を拭く

3人目 ユニットを拭いて装着、アラインメント

4人目 ポストディップ

~牧場成功のカギ~ 高泌乳量を出すために

IMG_20170411_092030

オーナーに成功のカギを教えていただきました。

①良い従業員

②毎日同じことをする。Consistency(一貫性)を重視。何か変える時は一定期間やり続ける。

③人工授精が重要 乳量と足をメインにAI改良

④仔牛の管理

⑤親牛の管理、牛への接し方が重要

⑥飼料給与プログラムが重要

仔牛の牛舎

IMG_20170411_094036

生後まもない仔牛の牛舎の床にはコンクリートの下にお湯が流れていて、暖められています。 廃乳はパスチャライズして与え、ダイヤモンドVのスマートケアを添加しています。 ここでの白血病の発生率は15%と平均の30%より低い値となっています。

飼料管理のポイント

1492396148948

①品質の良いものを使う

②正確な量を一貫して給与。飼料管理ソフトのイージーフィードで設計。誤差は0.5%以内。正確な従業員にはボーナスが支給されます。

IMG_20170411_105705

この牧場でもイーストカルチュアーを発見。フレッシュカウに使用しているとのことでした。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

ミネソタ・アイオワ海外研修 ジュリマー牧場 2018/4/12

UPDATE 2018.05.31

4月12日朝、ミネソタ州のジュリマー牧場を訪問しました。...

ヨルダン・バレー アフィキム社訪問【イスラエル酪農研修 視察メモ】Jorden Valley

UPDATE 2008.10.20

グレース マー・ファーム【カナダ酪農経営 経営で成功するための5つのこと】

UPDATE 2008.01.30

ミネソタ海外研修 Emerald Spring Dairy クロス換気牛舎、砂の敷料をリサイクル 2017/4/12

UPDATE 2017.05.30

ミネソタ海外研修 マルシア・エンドレス博士 コンポストバーンについて 2017/4/13

UPDATE 2017.05.30

その他の記事