分娩直後の牛「フレッシュカウ」の管理【世界一の酪農経営】

私は朝5時から夜9時まで働きますが、私の時間の82%がフレッシュグループ(分娩直後のグループ)についやされていると私の行動を調査したコーネル大学の研究者は分析しています。

1.分娩直後は乾草(ルーメンマットの形成)が先、水はあと

分娩を終えた直後の母牛のルーメンは油が煮えたぎった状態だと想像してください。そのようなとき、まずもって新しいルーメンマットでルーメンにふたをしなくてはいけません。そこで分娩30分以内に乾草を十分に食べさせます。そうすればルーメンマットが形成され、ルーメンが落ち着き、分娩のストレスが和らぎます。

分娩2〜3週間に食欲が落ちるのは乳牛にとって本能です。

ルーメンマットはヨレヨレの状態になっています。泌乳期に高濃度の飼料を食べさせるためにも、もう一度しっかりしたルーメンマットを形成する必要があります。
水、味噌汁などの液体は、分娩牛が乾草を十分に食べた後に与えます。水を先に与えると乾草の摂取量が減るのが心配です。

2.フレッシュ・カウの対応プログラム

分娩直後の牛をフレッシュカウと言います。フレッシュカウを上手に泌乳期に移行させるには、次の健康チェックが必要です。

分娩牛を上手に管理するにはフレッシュ・グループを作るとよいでしょう。このグループはパーラーに一度に入るだけの頭数に限定し、5日間健康チェックを行います。

(1)食欲を毎日チェックして、それぞれ次のような対応をする。

■スコア1:飼料にまったく興味を示さない牛
ステロイド剤(食欲刺激)、抗ヒスタミン剤(気分を高める)、ブドウ糖(栄養)、ビタミンB(ルーメンの活発化)を投与する。
■スコア2:飼料に少し興味を示す牛(初産に多い)
ルーメンの働きを4時間ごとにチェックする。
■スコア3:食欲のある牛
食欲が続くか3〜5日間監視する。

(2)ルーメンの動きをチェックして、それぞれ次のような対応をする。

■1分間に1回以下の動きの牛(極度に重い)
カルシウムの静脈注射で筋肉の動きをスムーズにするすぐに利用できる糖分(ブドウ糖など)を与える。
ステロイド剤を投与(1日1回10cc、3日間のみ)
抗ヒステミン剤を投与
■1分間に2回以下の動きの牛(遅い)
ステロイド剤を投与
ビタミンB投与でルーメンの動きを活発化する
■1分間に2〜3回の動きの牛(正常)
監視を続ける

(3)体温を計る

高熱は初産牛なら39.2度以上、経産牛なら39.4度以上。

(4)肺、心臓をチェックする。

3.その他に分娩牛(フレッシュカウ)の管理で注意すること

  • 乾草を忘れずに置く。24頭にベール1日1個与える。
  • 介助するお産があれば、管理プログラムに間違いがあるとの忠告だと考える。
  • 分娩直後にルーメンの代謝をよくする目的でビタミンE(40cc)とセレニウム、ビタミンBを投与する。ルーメンの代謝と生殖器の健康には相関関係がある。
  • 分娩後2〜4時間でフレッシュカウグループに移すが、後産が残っていればオキシトシンを投与する。
  • 分娩牛の健康チェックは記録にとる。(ルーメンの動き、体温、肺、心臓をチェックする)

ノーコファームズの便利な保定装置

ノーコファームズの便利な保定装置

シリーズ『世界一の酪農経営』


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

ミネソタ・アイオワ海外研修 ボマズデイリー 2018/4/12

UPDATE 2018.05.31

4月12日午後、ミネソタ州のボマズデイリーを訪問しました。...

イスラエル酪農協会【イスラエル酪農研修 視察メモ】

UPDATE 2008.10.20

2010年2月カリフォルニア牧場視察 3・4日目

UPDATE 2010.02.20

フロリダ海外研修 ジェフリー・ダール博士 ヒートストレスについて

UPDATE 2016.06.21

カリフォルニア海外研修2012/4/17 Rancho Sierra Vista Dairy

UPDATE 2012.04.28

その他の記事