ミネソタ海外研修 ペンソタ・ジャージー牧場 コンポストバーンの管理を視察 2017/4/13

最終日の4月13日午前、コンポストバーンの牧場のペンソタ・ジャージー牧場を訪問しました。

ペンソタ・ジャージー牧場DATA

1000頭搾乳
従業員22名
両親と3人で経営
パーラー 16頭ダブル
1日3回搾乳
平均乳量 41kg
乳脂肪 4.0%
CP 3.1%

ペンソタ・ジャージー牧場について

18033986_776681292486543_9064693154615832441_n

15年前にペンシルベニアからミネソタに移転してきた牧場で、ジャージー牛140頭搾乳、牛舎はコンポストバーンを採用しています。

コンポストバーンの管理

IMG_20170413_114654

コンポストバーンを採用した理由はカウコンフォートのためで、コンポストバーンにして良かったことは肘の腫れと爪の健康が完全に良くなったことです。昔牛舎に牛を入れるときに息子さんの助言でフットバスを設置しましたが、結局一度も使っていないのだそうです。

18034018_776681382486534_771368167467785398_n

コンポストバーンは1日3回の搾乳時に切り返します。攪拌機で深さ20cmまで攪拌し中に空気を入れて発酵を促します。

IMG_20170413_114842

冬は週3回、夏は週1、2回、家具工場から出るおが粉を攪拌後に足します。1週間分のオガ粉の費用は700ドルです。

コンポストバーンの反転

コンポストバーンの反転の様子です。

18033163_776681465819859_5631659187245912281_n

仕上がりは非常に柔らかくフカフカでした。臭いもあるかと想像しましたが、サラサラとしておりまったく気になりませんでした。

堆肥は肥料会社に販売

17952570_776681215819884_2657514023699344444_n IMG_20170413_112027

堆肥については外に出し石灰を混ぜてから肥料会社に買い取ってもらっています。この堆肥を使用した農家では収量もあがったそうです。

自家製チーズの試食

DSC_0218 18033490_776681495819856_2758095409086110343_n

帰り際に、ここで作ったチーズを試食させていただきました。チェダー、ゴーダ、スイス、クリームチーズと、どれも大変おいしいチーズでした。日本のスーパーでもここのチーズが入った製品が売っています。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

サイロ詰めの改善点【サイロガード ピーター・ヴィネリ氏 同行視察】山梨県 清水牧場様

UPDATE 2012.03.19

2012年2月21日~22日。 サイロガードのインターナショナルストックフード社ピーター・ヴィネリ氏を同行して山梨県・長野県を視察しました。2012年2月山梨県 清水牧場様の様子です。...

ビアタビアの大型フィードセンター【イスラエル酪農研修 視察メモ】Beer-Tuvia

UPDATE 2008.10.20

カリフォルニア海外研修2012/4/17 Rob Van Grouw Dairy

UPDATE 2012.04.28

酪農経営に重要な3つの柱【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

搾乳牛160頭を家族経営 ゴラン・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Golan Farm

UPDATE 2008.10.20

その他の記事