ゴラン高原のフィードセンター ギバット ヨアブ【イスラエル酪農研修 視察メモ】Givant Yoau

記事を共有

ナスアグリサービスのイスラエル酪農研究報告。 イスラエル国内13牧場の視察メモです。

特別な餌は作らない 在庫の問題

  • 毎日 搾乳牛4,600頭 乾乳牛800頭 育成牛2,000頭 肉牛1,500頭
  • 近い牧場 自走ミキサーで給与しに行く
  • 遠い牧場は特別なトラックで運ぶ
  • 農家が取りに来ることは無い
  • 1981年に開始 株主20名 全員農家
  • コーンサイレージ ソルゴサイレージ 混ぱんサイレージ
  • コーンサイレージ クラッシャーをかけている
  • NaOH(水酸化ナトリウム)で処理した小麦 1日 1kg
  • 消化率を高める バッファー効果 腐敗を防ぐ 粉砕や圧ペンと同じ役目
  • 餌は 搾乳牛 1種類 乾乳牛 1種類 育成牛 1種類

is_06

2トラック 3人ドライバー

  • 搾乳牛4,600頭のうち 大きい農場3軒 小さな農場46軒
  • 副産物は、ほとんど使わない
  • いかに乾物摂取量を上げるか
  • お客の 最高乳量 13,00kg 最低乳量 11,000kg(2回搾乳)
  • サイロガード   イーストカルチュアーXP  使用
  • XPは 乾物20kgに対してXP50g 乾物25kgに対して60g
  • 乾乳牛にもXP添加
  • イスラエルのフィードセンターで最も飼料効率が良い

is_07

DM 水分
搾乳牛 62% 38%
乾乳牛 66% 34%
育成牛 75% 25%
  • 水分が少ないと乾物摂取量および選び食いの問題
  • TMRを広げて 粗飼料の長さを確認 MAX最大 7cm

シリーズ『イスラエル酪農研修 視察メモ』


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

ウィスコンシン海外研修 ストックマンシップ(牛の正しい取り扱い方) 2019/6/21

UPDATE 2019.07.27

6月21日~22日にかけて、ミネソタ州ミネアポリスで、StepRight Stockmanship Solutions社のジム・ルイスさんからストックマンシップ(牛の正しい取り扱い方)の講義を受け、翌日牧場で牛を動かす実習を行いました。...

900頭の高泌乳牛のレビム・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Revivim Farm

UPDATE 2008.10.20

ミネソタ・アイオワ海外研修 ファーニアホルスタイン 2018/4/10

UPDATE 2018.05.31

カリフォルニア海外研修2012/4/16 AMTS(アグリカルチュアル・モデリング&トレーニングシステム)セミナー

UPDATE 2012.04.28

ヨルダン・バレー アフィキム社訪問【イスラエル酪農研修 視察メモ】Jorden Valley

UPDATE 2008.10.20

その他の記事