ミネソタ・アイオワ海外研修 フェアバンクスデイリー 2018/4/10

4月10日朝、アイオワ州のフェアバンクスデイリーを視察しました。

フェアバンクスデイリーDATA

★オーナーの父が牧場を借りてスタート
★搾乳頭数 350頭
★1日3回搾乳
★パーラー 12頭W
★従業員は家族3名、メキシコ人3名
★平均乳量 41kg、乳脂肪4.0%、乳タンパク3.4%
★体細胞数 15万
★400エーカーの畑(コーンサイレージがメイン)、乾草はアルファルファを購入

フェアバンクスデイリーについて

写真はこの牧場の場長ジョッシュさん48歳。

350頭搾乳で飼っている品種は主にホルスタイン、ジャージー、ブラウンスイスです。多品種の牛を飼っている理由はホルスタインは乳量が、ブラウンスイスとジャージーは乳質、寿命、繁殖が優れているからという理由からです。

遺伝的改良による高泌乳の牛たち

それぞれの乳量は、

ホルスタイン 15,000kg/頭 脂肪3.9%、タンパク3.2%

ジャージー 10,500kg/頭 脂肪5.5%、タンパク3.8%

ブラウンスイス 13,500kg/頭 脂肪4.2%、タンパク3.5%

いずれも大変乳量が高く、これは遺伝的な改良の結果だとオーナーは語っていました。

オーナーが考える理想の牛は大きすぎずミディアムサイズで乳量が多く、脚などのトラブルの少ない牛です。

カウコンフォートを重視

カウコンフォートのために通路にはジグザグマットを敷いていました。

ベッドの敷料は砂を購入(月3000~3500ドル程度)し、週2回新しく加えて使用しています。砂を使っているおかげで菌が繁殖しにくく治療している牛はその日1頭だけでした。写真のようにほとんどの牛が寝ていました。

牧場成功の秘訣

オーナーに牧場成功の5つの秘訣を聞きました。

1. カウコオンフォート

2. 良い飼料

3. 良い遺伝子、血統

4. 家族、栄養士、銀行などのサポート

5. 良い従業員


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

初産牛を平均18ヵ月齢で分娩させる【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

初産牛の分娩月齢を早めることは、私が酪農産業で競争に勝ち生き残るうえで必要不可欠な課題です。初産牛の分娩月齢を早められれば、その分利益を早く手に入れられるからです。平均分娩月齢が2ヶ月早くなれば、収入は2ヶ月早まり、経費でしかない育成経費は...

サイロガードセミナーの様子【サイロガード ピーター・ヴィネリ氏 同行視察】長野県 南信酪農協同組合様

UPDATE 2012.03.19

搾乳牛160頭を家族経営 ゴラン・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Golan Farm

UPDATE 2008.10.20

搾乳しなくては牛の状態が分からない ヘプシバ・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Hephzibah Farm

UPDATE 2008.10.20

ミネソタ・アイオワ海外研修 ノースイーストアイオワデイリーファウンデーション 2018/4/11

UPDATE 2018.05.31

その他の記事