パイオニアファームプロジェクト 〈 待機場・プラットフォーム 床マット設置 〉

パイオニアファームでの工事は2011年2月に続いて2回目です。

設置

前回は、ロボット搾乳牛舎のフロアー全面にゴム製フロアーマット(ZIGZAGマット)を設置しました。
今回は、既存搾乳舎(12W パラレル)の待機場とプラットフォームの設置を行いました。

今回導入したRFサービスが推奨する2種類のマットは、スロープ付待機場用ZIGZAGクロスと、プラットフォーム用ドイツKRAIBURG社製のKURA MATです。

ZIGZAG クロス

ZIGZAG クロス

KURA MAT(KRAIBURG社製)

KURA MAT(KRAIBURG社製)

作業風景1 ~待機場~

センターから貼るのがベストです。

センターから貼るのがベストです。

スロープを利用してリフトで転がしながら貼っていきます。

スロープを利用してリフトで転がしながら貼っていきます。

4時間で配置できました。ピット導入部分はプレカットしてあります。

4時間で配置できました。ピット導入部分はプレカットしてあります。

Before

12年経過したパーラー舎床面は牛が滑りやすくたいへん危険な状況でした。

12年経過したパーラー舎床面は牛が滑りやすくたいへん危険な状況でした。

After

待機場・プラットフォーム床マット設置

After

作業風景2 ~プラットフォーム~

支柱部分の型抜き。

支柱部分の型抜き

ストール部分に配置する。

ストール部分に配置する。

Before

Before

After

After

作業を終えて

設置作業の1週間後に、パイオニアファーム様より、「一番変わったことは待機場で牛がジャンプしているよ、それと糞の量が半減したよ。この意味解るかい?牛の恐怖感がなくなったと言うことだね!」と言っていただきました。 今回は待機場130㎡+プラットフォーム(107㎡)の施工を2回搾乳の間午前11時から午後4時までの5時間/日の作業で、合計4日間かかりました。 立地条件の良いパイオニアファーム様をモデル牧場として、多くの酪農家に視察を勧めていきたいと思います。

2013年8月

この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

牛床 ハツリ作業 太田牧場様(兵庫県)

UPDATE 2012.03.13

兵庫県小野市にある太田牧場様は、1992年に弊社でNAS96頭フリーストールを建てて、今年で20年になります。ここ数年、牛床で足をすべらせたことによる股裂けが原因の淘汰が、年間2~3頭続いているとのことです。...

駒場牧場 アブレストパーラー アフィーシステムの組み込み

UPDATE 2010.04.15

ボビレックスJOUマット 交換工事 自由学園那須農場様(栃木県 那須塩原市)

UPDATE 2015.03.24

長崎県雲仙市 吉田牧場様 暑熱対策に有効な大型換気扇『サイクロン』設置後の効果

UPDATE 2018.08.31

北海道第1号!重機を使っての除糞も可能なジグザグマットを設置していただきました。

UPDATE 2015.10.15

その他の記事