鳥取県 森田牧場様 ミルキングシステム工事レポート

鳥取県大山町の森田牧場様では、2001年にアブレストパーラーを建築させていただきました。その後、頭数、乳量ともに順調に増加されておりますが、それに伴い、アブレストパーラーでの長時間の搾乳は家族経営の森田様には過度な負担がかかっていました。そこでこの度、8頭ダブルのへリングボーンパーラーを請け負いさせていただきました。

101503

アブレストパーラーはいくつかユニットを外し、病畜用として使用されます。


森田様のご理解の元、メーカーにとらわれず、できるだけ良い部品、部材を国内外からチョイスし、オリジナルなミルキングシステムを造り上げました。
肝心要の自動洗浄システムは弊社のオリジナル製です。乳質基準が厳しい地元乳業組合のお墨付きです。また、随所にリード博士からのアドバイスを反映しました。

ストール内の施工

101503

12月下旬、吹雪の中、新設パーラーのポスト、カービングの設置工事をスタートしました。

ミルキングシステム工事

101503

ミルク配管、洗浄配管は出来るだけ繋ぎ目を無くすため溶接で配管を繋いでいます。ガスケットの数を減らしガスケットへの細菌の付着を極力減らすことができます。

101503




101503

機器の配線を一つ一つ丁寧に接続していきます。
パーラーストールのキャビネット側面にはLED電灯を設置。非常に明るいです。



101503

リード博士推奨のダブルエルボー。乳房から垂直の位置でユニットを装着しやすくなります。


101503

右下の緑のボタンは搾乳スタートボタン。
泡ディッピングのフォームイットも取り付けました。


施工完了

101503

ゆとりのあるパーラーピット内


101503

パイプラインが真っ直ぐ入るレシーバージャー


101503

フタが完全に閉まる仕様にした洗浄シンク。ゴミが入らず、お湯が冷めにくく湯気も出ません。


101503

ミルクメーターが綺麗に収まったカンテリーバー


101503

シンプルで頑丈なクラスター洗浄台


101503

解放感のあるラピッドイグジット。
ストールはアメリカのターナー製でシンプルかつ頑丈です。
斜めに傾いたスプラッシュシールド(尻当て)は牛の尾骨の当りを和らげます。


101503

上り降りしやすいピットラダー


101503

余裕のあるホールディングエリア


101503

パーラーの入口にはリード博士推奨の目隠し用のコンパネを設置。
牛から搾乳者や搾乳機器が見えず、牛がスムーズにパーラーに入ります。


101503

洗浄システムは、バルクへの洗浄水混入ミスを防ぐ仕組みを組み込んだ一から作ったオリジナル製です。

初回の搾乳の様子


初回は案の定、牛がなかなかパーラーに入ってくれず時間がかかりましたが、2回目の搾乳は牛が慣れて140頭を2時間半で終わりました。

森田様からのコメント

「今だけかもしれないが、牛が喜んでパーラーに入って行くようだ。搾乳時間が30分ほど早くなったうえ、作業が楽になり、従業員の仕事時間が短くなったので、牛を増やせそうだ。」と言っていただきました。

投稿:2016年3月4日

この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

ミルカーの改修 小谷牧場様(鳥取県)

UPDATE 2011.06.22

鳥取県日野町にある小谷牧場様では、乳房炎が多く発生してきたため、古くなったミルカーを改修しました。...

第34回 国際農業機会展 in 帯広に出展しました。

UPDATE 2018.07.17

北海道第1号!重機を使っての除糞も可能なジグザグマットを設置していただきました。

UPDATE 2015.10.15

林牧場様(兵庫県) アフィーシステム 導入工事

UPDATE 2011.08.01

牛床 ハツリ作業 太田牧場様(兵庫県)

UPDATE 2012.03.13

その他の記事