カリフォルニア海外研修2012/4/17 Ribiero Dairy Farm

4/17訪問 Ribiero Dairy Farm

牧場DATA

DATA
★イーストカルチュアー使用
★地域No2の牧場
★経産牛 2100頭(内ジャージー600頭)
★従業員 32名
★2回搾乳
★ホルスタイン:乳量40kg、脂肪3.7%
★ジャージー:乳量28kg、脂肪5.1%
★酪農は90年前祖父の代にを始め、今は兄弟3人で経営。
(兄は畑部門、弟は機械・資材部門)
★写真はオーナーの一人マイケル・リベラ(39)さん

飼料

img36

コーンサイレージ、小麦は全量自給している。乾草は50%自給。
雨の時期を逃れるため、アルファルファはバッグサイレージに詰めている。
コーンの切断長は、短い方が鎮圧がかかって良いとのこと。
サイレージを変えるときは必ずイーストカルチュアーを倍量で給与するようにしている。

img37

プレミックスの中にXPCが入っている。
カリフォルニア州ではXPCが入っているのが分かるように赤色の認証物を入れている。

クロースアップの飼料

img38

割合は、コーンサイレージ3:乾草1:ペレット1。
クロースアップ牛は常時200頭位いる。
毎週月曜に10頭選んで尿検査(試験紙検査)をする。
pH 6~6.5位を求めている。7以上は乳熱を疑う。pHが高い場合はペレットを増やす。
通過速度を遅める為にワラ(小麦のストロー)を入れている(100~450gを良い乾草などが入った時などに入れる)。

飼料効率を上げるには

★1. 平均搾乳日数を短くする。搾乳日数は160日、空胎日数は110日を切りたい。
★2. 繁殖を良くする。

その為には、移行期の管理、牛の健康、発情発見(テールチョーク)、精液、フリーストールでAI(人工授精)、3ヶ月種がつかなかったらフリーバーンで本交(自然交配)。

初産は23カ月分娩。分娩後初回発情がみえなかったら4週後にオブシング。

施設関連

スタンチョン上にソーカーを設置している。
ソーカーは、
24℃でON(1分流れて10分OFF)
30℃でON(1分流れて5分OFF)。

敷料は砂。TMRは1日2回、余るくらいに余分に作る。
エサ押しは毎時間、朝4時に残飼掃除。

img39

この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

サイロガード添加の際の改善点【サイロガード ピーター・ヴィネリ氏 同行視察】長野県 三村牧場様

UPDATE 2012.02.25

2012年2月21日~22日。 サイロガードのインターナショナルストックフード社ピーター・ヴィネリ氏を同行して山梨県・長野県を視察しました。2012年2月 長野県 三村牧場様視察の様子。...

分娩直後の牛「フレッシュカウ」の管理【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

カリフォルニア海外研修2012/4/17 Rob Van Grouw Dairy

UPDATE 2012.04.28

カリフォルニア海外研修2012/4/17 Ribiero Dairy Farm

UPDATE 2012.04.28

酪農経営に重要な3つの柱【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

その他の記事