イーストカルチュアー トップドレスの様子

どんなによい飼料設計をしても、乾物摂取量があがらないと乳量は増えません。乳量は乾物摂取量次第です。乳量が増えれば飼料効率はよくなり、その結果、飼料費が節約になります。
イーストカルチュアーは「食い込み」を実感できる飼料です。
ナスアグリサービスは日本で イーストカルチュアー の販売を30年続けています。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ動画

鳥取県 森田牧場様のミルキングシステム施工後の 「初回の搾乳の様子」

UPDATE 2016.03.05

鳥取県大山町の森田牧場様で8頭ダブルのへリングボーンパーラーを施工させていただきました。初回の搾乳の様子を撮影させて頂きました。...

カービィーミキサー納品 29㎥バーチカルタイプ 株式会社メイプル牧場様

UPDATE 2017.01.17

ルーメン内のpHがルーメン微生物に与える影響

UPDATE 2017.06.09

イーストカルチュアー トップドレスの様子

UPDATE 2015.06.15

リード推奨の搾乳手順

UPDATE 2015.11.20

その他の動画