イーストカルチュアー トップドレスの様子

どんなによい飼料設計をしても、乾物摂取量があがらないと乳量は増えません。乳量は乾物摂取量次第です。乳量が増えれば飼料効率はよくなり、その結果、飼料費が節約になります。
イーストカルチュアーは「食い込み」を実感できる飼料です。
ナスアグリサービスは日本で イーストカルチュアー の販売を30年続けています。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ動画

スケルトンライナー

UPDATE 2015.04.24

ライナーの横に穴が開いていることで、ミルクフローが早くなり、乳頭が濡れっぱなしにならない。乳頭が濡れっぱなしだと、細菌が繁殖しやすく、新たな乳房炎も増加しやすい。...

鳥取県 森田牧場様のミルキングシステム施工後の 「初回の搾乳の様子」

UPDATE 2016.03.05

サイロガード使用後の機械のお手入れ方法

UPDATE 2021.07.14

トップドレス第三弾 「残飼へのトップドレス!」

UPDATE 2016.05.02

パーティクル・セパレーター

UPDATE 2015.04.24

その他の動画