パーティクル・セパレーター

飼料には3種類の飼料があると言われています。

  1. 机上で設計された飼料
  2. 撹拌されたミキサー内の飼料
  3. 実際に牛が食べる飼料

重要なのは『3.実際に牛が食べる飼料』の飼料です。

『実際に牛が食べる飼料』の飼料を簡易的に分析するのが、この『パーティクル・セパレーター』です。
分析方法は簡単で『実際に牛が食べる飼料』の飼料を穴の大きさが異なる『ふるい』にかけるだけです。

ミキサーの機種、ミキサーへ投入する飼料の順番、ミキサーの回転時間、ミキサーからの排出順によって結果が大きく異なります。
どんなにすばらしく設計された飼料でも『実際に牛が食べる飼料』の分析結果次第では意図した効果が得られにくいです。
ナスアグリサービスではすべての営業スタッフがこのサービスを行っています。
お気軽にお声掛けください。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ動画

ルーメン内のpHがルーメン微生物に与える影響

UPDATE 2017.06.09

ルーメン内のpHが正常な中性状態、乳酸過多の酸性状態でのルーメン微生物の様子をご紹介します。...

ジグザグマットの施工 鳥取県 真山牧場様

UPDATE 2016.10.17

スケルトンライナー

UPDATE 2015.04.24

カービィーミキサー納品 29㎥バーチカルタイプ 株式会社メイプル牧場様

UPDATE 2017.01.17

飼料管理システム『TMRトラッカー』の導入 北海道興部町 オホーツクTMRセンター様

UPDATE 2016.10.19

その他の動画