乳房の毛焼き

UPDATE 2015.04.24

記事を共有

乳房の毛は雑菌が繁殖しやすいです。
乳頭や乳頭口をいくら清潔にしても、毛に付着した雑菌が搾乳中に乳汁へ混入したり、ライナースリップ時に乳房内に混入する可能性があります。 そこで、定期的に乳房の毛焼きをお勧めします。

  1. ①搾乳前に行う。乳房が張っているため、毛焼きしやすい。
  2. ②ディッピングをし、乳頭を炎から保護。
  3. ③カセット式バーナーの酸素量を調整し、炎の温度を低く(赤く)する。
  4. ④乳房全体の毛を焼く
  5. ⑤焼けた毛を取り除く

この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ動画

ルーメン内のpHがルーメン微生物に与える影響

UPDATE 2017.06.09

ルーメン内のpHが正常な中性状態、乳酸過多の酸性状態でのルーメン微生物の様子をご紹介します。...

飼料管理システム『TMRトラッカー』の導入 北海道興部町 オホーツクTMRセンター様

UPDATE 2016.10.19

『シルキーディップ』のきめ細かい泡立ち

UPDATE 2016.08.18

リード方式の搾乳手順を行っていた牧場 ウィスコンシン州 ボーケイ牧場

UPDATE 2019.07.23

大型換気扇『サイクロン』の設置 熊本県 吉井牧場様

UPDATE 2016.09.02

その他の動画