セーフティゲートつきカーフフィーダー設置 島根県出雲市 小林牧場様

2017年1月10日、島根県出雲市の小林牧場様にセーフティゲートつきのカーフフィーダーを設置させていただきました。

今回は哺乳ホース内の残乳をエアブローする機能を独自に追加しました。

哺乳ホースをエアブローすることで洗浄水、残乳を吐き出し、出来るだけクリーンなミルクを仔牛に飲ませることが出来ます。

また入り口ゲートを付ける事により、強い仔牛が弱い仔牛を後ろから攻撃し哺乳が中断する事を防いでくれます。

小林様からは、

「人が哺乳していた時と比べ、劇的に楽になった。導入後まだ1ヶ月ほどだが増体が良い。哺乳シャッターが開く時ビックリして後退してしまう仔牛が、ゲートが閉まっているので出てしまわない。出てしまうと他の仔牛が飲んでしまうので、それが無くなったのが良い。」

とコメントを頂きました。

仔牛価格が高い昨今の状況ですので、セーフティゲートにチャレンジされてみてはいかがでしょうか?


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ動画

ジグザグマット 設置2年経過

UPDATE 2015.04.23

大型ローダーで毎日2回の除糞作業にも、ジグザグマット設置後2年経過、マットはまったくへたっていません。...

ルーメン内のpHがルーメン微生物に与える影響

UPDATE 2017.06.09

カービィーミキサーフィーダー プロモーション動画

UPDATE 2015.04.23

ドレンチメイトの正しい使い方

UPDATE 2015.04.24

乳房の毛焼き

UPDATE 2015.04.24

その他の動画