サイロガード添加の際の改善点【サイロガード ピーター・ヴィネリ氏 同行視察】長野県 三村牧場様

2012年2月21日~22日。 サイロガードのインターナショナルストックフード社ピーター・ヴィネリ氏を同行して山梨県・長野県を視察しました。2012年2月 長野県 三村牧場様視察の様子。

サイロガード 使用状況の把握

昨秋よりサイロガード・リキッドを使用

問題点として考えられること

  • 他社の添加機でサイロガードを使用した際、ノズルとホース内に結晶が出来、詰まってしまった機械本体が錆びる。
  • サイロガードを使用したサイレージは未使用(5月~使用予定)

改善点として挙げられること

  • 添加機を他社製品からクロノスに変更。
  • 次回使用まで数日でも数分水を通す(洗う)。
  • サイロガードの成分の落ちが悪い様であれば、食器用洗剤などを使用する。
  • 噴射位置を刈り取り口から吐き出し口に変更。

シリーズ『サイロガード ピーター・ヴィネリ氏 同行視察』

この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

ヴェイルドン・ファーム【カナダ酪農経営 経営で成功するための5つのこと】

UPDATE 2008.01.30

カナダの7つの牧場を視察し、「経営で成功するためのポイントを5つ教えてください」と質問しました。ヴェイルドン・ファーム様の5つのポイント。...

様子を見ることはしない ベトゼラ・ファーム【イスラエル酪農研修 視察メモ】Bet-Zera Farm

UPDATE 2008.10.20

カリフォルニア海外研修2012/4/18 Kirby Mfg Inc

UPDATE 2012.04.28

初産牛を平均18ヵ月齢で分娩させる【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

ミネソタ海外研修 マルシア・エンドレス博士 コンポストバーンについて 2017/4/13

UPDATE 2017.05.30

その他の記事