カリフォルニア海外研修2012/4/16 Sozinho Dairy アルバース新型ループセクション視察

4/16訪問 Sozinho Dairy アルバース新型ループセクション視察

DATA

★700頭搾乳

★アルバース新型ループ

★カービィー使用牧場

★ミルキングシステムはBECO

アルバース新型ループセクション

136ベッドのセクションを新型(シングルビームセクション)に交換。
柱スパンが広いため、オーナーの判断で補強材としてセクションの上に丸パイプを取り付けた。
3週間前にこれらの施工を2人だけで行い、2日間で完了。

シングルビームセクションは下段が開放的なため牛の寝起きがスムーズになり、敷料やヨダレによるセクションの腐食を防げることが特徴。
ミドルラインにセクションが設置されているので、牛が立つとき邪魔にならず、また、ループ幅が変えられるので、ジャージー牛など小さな牛などにも最適である。

オーナーが気に入っているフリーネックバーの取り付け上の注意点は、たわみ防止のため最長で3.6m以内に支柱を設けること。
写真のクランプはHDに見えるほど肉厚で、写真より重厚感のある商品だった。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

カリフォルニア海外研修2012/4/17 Rancho Sierra Vista Dairy

UPDATE 2012.04.28

4/17訪問 Rancho Sierra Vista Dairy...

2010年2月カリフォルニア牧場視察 5日目

UPDATE 2010.02.20

カリフォルニア海外研修2012/4/16 Oak View Dairy

UPDATE 2012.04.28

ミネソタ・アイオワ海外研修 ストリーフデイリー 2018/4/10

UPDATE 2018.05.31

牛の成績を左右する酪農経営に重要な3つの『C』【世界一の酪農経営】

UPDATE 2015.06.13

その他の記事