コンポストバーンの反転 ミネソタ ペンソタ・ジャージー牧場

ミネソタ ペンソタ・ジャージー牧場でのコンポストバーンの反転の様子を撮影したビデオです。

1日3回の搾乳時に反転機でコンポストバーンを20cmほどの深さで反転します。 反転後には冬場は週に3回、夏場は週に1、2回、家具工場から入手したオガ粉を追加します。

バーンの水分が60%以下になる様、冬場でも反転時に天井に付けた巨大換気扇で水分を飛ばしています。

良好な発酵の目安としてコンポストバーン内部の温度が45℃以上あることが望ましいそうです。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ動画

スケルトンライナー

UPDATE 2015.04.24

ライナーの横に穴が開いていることで、ミルクフローが早くなり、乳頭が濡れっぱなしにならない。乳頭が濡れっぱなしだと、細菌が繁殖しやすく、新たな乳房炎も増加しやすい。...

トップドレス第三弾 「残飼へのトップドレス!」

UPDATE 2016.05.02

大型換気扇『サイクロン』の設置 熊本県 吉井牧場様

UPDATE 2016.09.02

セーフティゲートつきカーフフィーダー設置 島根県出雲市 小林牧場様

UPDATE 2017.01.31

搾乳手順

UPDATE 2015.04.24

その他の動画