岸本牧場 アフィ ミルクメーターシステム 個体識別 アンテナで牛体番号が分かるように

記事を共有

ナスアグリサービスのプロジェクトレポート。繁殖を一番に考えている岸本牧場の様子。写真は旧システム。

種付け率の改善

アフィ システム を導入して 3年目になります。

アフィ システム を導入して 3年目になります。

新システム 個体識別用のアンテナ

新システム 個体識別用のアンテナ

岸本牧場(岡山県)の3年前の概況

岸本牧場 date
平均搾乳牛頭数 130頭
平均乳量 29kg

まず、ボーマチックのシステムからアフィ システムへの改造をしました。 新しいシステムに改造するには、1日の牧場の業務の合間に作業したため、2週間かかりました。

新システム

エッセンシャルのモニターとミルクメーター、固体識別用のアンテナをつけ牛体番号が分かるようにしました。

アンテナからの情報を表示

アンテナとミルクメーターをつける事によって搾乳牛の歩数伝導率が分かるようになり、エッセンシャルのモニターによって搾乳中の乳量低下や伝導率の異常をランプの点滅と牛体番号の点灯によって知ることが出来るようになりました。

エッセンシャルモニター

繁殖を一番に考えている岸本牧場にとってこのシステムは乳牛の歩数を知る事ができ、発情を発見し種付け率の改善に役立っています。

岸本一茂さんが、朝、晩、必ず見てプリントアウトするところが、要授精牛と10日間のグラフです。いつもこれを持ち歩き乳牛の観察をしています。

搾乳頭数 130頭平均

2006年 1頭平均 29.38kg

2007年 1頭平均 31.9kg

2008年 2007年より少し上回るかな と岸本さんは、言っていました。 アフィ システム を導入して(乳量増で)、10ヶ月で元を取ってしまいました。岸本牧場はさらに乳量を増やすために、個体の乳温をシステムに表記することを望んでいます。

2009年2月2日

この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

北海道音更町 ノーサンファーム様 ジグザグマット DCCウォーターベッド施工 2019/4/6

UPDATE 2019.05.23

2019年4月1日~6日、北海道音更町の日本農産工業様の研究牧場「ノーサンファーム株式会社 十勝研究牧場様」に、ジグザグマットとDCCウォーターベッドを設置させていただきました。...

Facebook投稿記事 2015年9月1日〜30日

UPDATE 2015.10.05

Facebook投稿記事 2016年6月1日〜30日

UPDATE 2016.07.01

熊本県吉井牧場様 暑熱対策に有効な牛舎用大型換気扇『サイクロン』設置レポート

UPDATE 2016.09.02

ヴァンデバート・ファーム【カナダ酪農経営 経営で成功するための5つのこと】

UPDATE 2008.01.30

その他の記事