搾乳手順

UPDATE 2015.04.24

記事を共有

キーワードは「クリーン」、「ドライ」、「刺激を与える」。
新しい乳房炎はミルカーを装着するときの乳頭の先に付いている細菌の数に影響します。

まずは4本の指で乳頭の汚れを落とし(ワン・ツー・スリー)、次に親指で乳頭口の汚れを落とす(ワン・ツー)、最後に前搾り(ワン・ツー)。この手順で10~15秒乳頭を刺激し、十分なオキシトシンの分泌を促します。

プレディッピングをして20~30秒後に乾燥したタオルで乳頭口も忘れずにしっかり拭き取ります。最初の刺激から90秒後にミルカーを装着します。搾乳時間も早くなり、新たな乳房炎の減少が期待できます。

※牛が汚れている場合は刺激の前にプレディッピング(ダブルプレディッピング)。


この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ動画

サイロガード使用後の機械のお手入れ方法

UPDATE 2021.07.14

サイロガード使用後の機械のお手入れ方法や、冬前のお手入れ方法についてご紹介致します。...

リード方式の搾乳手順を行っていた牧場 ウィスコンシン州 ボーケイ牧場

UPDATE 2019.07.23

牛追いの様子

UPDATE 2015.04.24

ルーメン内のpHがルーメン微生物に与える影響

UPDATE 2017.06.09

ベッドメイキング

UPDATE 2015.05.14

その他の動画