飼料消化率 から健康状態を把握する。 ダイジェスション・アナライザー

ダイジェスション・アナライザーでの糞洗いは、ナスアグリサービスの営業マンにお気軽にお申し付けください!

ダイジェスション・アナライザーによるイーストカルチュアーの効果

糞を分析することでルーメンの健康状態をチェックすることができます。
例えばアシドーシスの場合、次の5つの異常が糞に現れます。

  • 荒い粗飼料片が認められる
  • 未消化の穀類が認められる
  • 粘膜が混じる
  • 糞中に気泡が混じる
  • 下痢

そこで、ダイジェスション・アナライザーを使用した分析で、糞のより詳細な状態や、飼料消化率(利用効率)、ルーメンの健康と飼料の問題点をを確認・把握し、健康状態を改善することができます。

ダイジェスション・アナライザーとは・・・

上段、中段、下段の通過穴の違いによる3段スクリーン構造。

牛群頭数の10%以上分の糞を平均的に採取し、上段からシャワーで洗います。

ダイジェスション・アナライザー

各段の残渣物と未消化部の目標値
上段 未消化の繊維、穀類 長い粗飼料のみで10%以下、泌乳初期なら20%以下
中段 まだ消化余地のある繊維、穀類 20%以下
下段 消化された残渣 50%以上が望ましい

スクリーニング結果の事例原因の可能性

トップおよびミドルスクリーンに穀類の大きな粒子がある

  • 穀類の不適切な加熱処理
  • 穀類の過剰給与
  • TMRの選り食い
  • ルーメンマットの形成不全
  • ルーメン・アシドーシス

トップおよびミドルスクリーンに過剰な粗飼料がある

  • ルーメンマットの形成不全
  • 粗飼料の品質が良くない
  • 急な飼料変更
  • 分解性たんぱく質が不適切
  • 発酵するNFCが不適切
  • バイパス性脂肪が過剰
  • ルーメン・アシドーシス

イーストカルチュアーによる消化率の効果 A牧場にて

コーンサイレージ使用 イーストカルチュアーホワイト100g→200gに増量して実験

実験開始時
上段 未消化21%
中段 未消化43%

コーンサイレージ使用

増量実験10日後
上段 未消化18%
中段 未消化4%

増量実験10日後

上段・中段の未消化が約45%改善し、消化率UP!!

イーストカルチュアーによる消化率の効果 K牧場にて

イーストカルチュアー未使用→200g給与で実験

実験開始時
上段 未消化5%
中段 未消化51%

K牧場での実験

増量実験20日後
上段 未消化2%
中段 未消化26%

増量実験20日後

上段・中段の未消化が約28%改善し、消化率UP!!

イーストカルチュアーはルーメンバクテリアの量・能力をUPさせ、飼料の消化・利用効率をUP、アシドーシス改善などルーメンを安定させます!

ダイジェスション・アナライザーでの糞洗いは、ナスアグリサービスの営業マンにお気軽にお申し付けください! パーティクル・セパレーターによるTMR粒度調査と併せてサンプリングするとさらに効果的です!

この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

サイロガード ピーター・ヴィネリ氏 同行視察

UPDATE 2012.03.19

2012年2月21日~22日。 サイロガードのインターナショナルストックフード社ピーター・ヴィネリ氏を同行して山梨県・長野県を視察しました。...

移行期の牛の栄養と生理

UPDATE 2015.05.25

NAS DL05-HVE

UPDATE 2015.05.06

知っておきたい!サイレージづくりに大切なこと

UPDATE 2015.05.07

ジャンプスターター と ドレンチメイト

UPDATE 2015.05.06

その他の記事