糞を洗って分析!イーストカルチュアーXPの効果

北海道新得町、友夢牧場様で泌乳ピークの牛群のみにイーストカルチュアーXPの効果について、糞を洗って分析してみました。

試験牧場

北海道新得町 友夢牧場

搾乳頭数 800頭

年間出荷乳量 9,500トン

101503

試験方法

イーストカルチュアーXPの使用前と使用後21日目にダイジェスション・アナライザーを使い糞を洗いました。

ダイジェスション・アナライザーによりルーメンの健康や飼料消化率(利用効率)などを確認することができます。

101503

結果

XP未使用

 

101503

101503

トップ46.6% ミドル22.4% ボトム31.0%

上段に未消化物が多く残っている。



XP100g給与21日目

101503

101503

トップ12.7% ミドル28.3% ボトム59.0%

XPの使用により、上段の未消化物が減り、消化率が改善されていることが分かる。

考察

XPによって消化率が28%改善され、群平均の乳量が1.6kg増加しました。

給与開始2ヶ月後から全搾乳牛へXP100g給与して頂き、その1ヶ月後にはバルク乳で日量1500kg増加しました。

飼料設計者さんからは、「かつて無いほど食い込みがあがっている」とのお言葉を頂きました。


投稿:2015年5月23日

この記事が気に入ったら、ご利用のSNSでシェア


その他のおすすめ記事

乳牛のヒートストレス(暑熱対策)にイーストカルチュアーが有効な理由

UPDATE 2016.07.11

乳牛は夏でも涼しい欧州北部が原産のため、ヒートストレスを受けやすい動物です。高温多湿の環境下では呼吸数が増え、食欲が減退し、消化吸収率が低下し、泌乳量が減少します。 また、体温が上昇すると受胎率が低下してしまうなど、暑熱 […...

ジャンプスターター と ドレンチメイト

UPDATE 2015.05.06

体細胞数を減らし乳量をも増やします ホワイト・イーストカルチュアー

UPDATE 2015.05.21

『牛の健康状態を良好に保ちたい』酪農家さんへ お勧めの3点セット

UPDATE 2015.05.04

サイロガード ピーター・ヴィネリ氏 同行視察

UPDATE 2012.03.19

その他の記事